7xまとめ −新ジャンル&VIP小説


編集用リンク
戻る  下へ 次へ   ジャンル別   fileseek  現在の更新頻度:帰れない 週3↓

男「お前らは悪魔か?妖精か?」 1スレ目完


少年剣士「お花畑な馬鹿弟子と」竜人少女「素直になれない片腕師匠」

勇者「さて、今日も王都の掃除がんばるか!」

勇者「百年ずっと、待ってたよ」

村人「みんなであの化け物を殺すんだ!」竜(な、なんで……?)

女騎士閣下は魔王軍にお怒りのようです


魔女狩りの記憶

俺「見たい…お前の怯える顔が…見たい!!」

駅員「俺が勤めてる駅には変わり者しかいない」

少女「ある日森の中、クマさんに出会った」

少女「君は爆弾に恋をした」


女「リストラされて2年…」

女「恋人同士になって5回目のクリスマス」

女「今日はどんな事件があったの?」

女「大学生活2度目の誕生日」

女「じゃあ、一緒に帰ろっか」


老人「逃げ続けてきた人生」

先輩「一緒に子供育てようぜー」

妻「結婚して1年が過ぎたとある土曜日」

兄「北海道へ行ってみよ〜ぅ」

妹「なぜ触ったし」


剣士「Lv46、臨時PT募集ー」勇者「レ、レベ?りんなんだって?」

勇者「いやぁ〜、魔王退治の旅も便利になったもんだなぁ」

魔王「はぁ・・・。また女勇者がきたのか・・・」

幼女「待ちくたびれたぞ勇者」

剣士「軌跡の物語…!」


メガネ「委員長と間接キッスがしたい!」

Far East Missile Range

鼠娘「ちゅー、しよっか?////」

少女「雨が止んだなら」

淡々と兵食の話するわ


先輩「そこから見えるのは、どんな景色ですか?」

後輩「先輩、やっぱりここにいたんですね」

後輩「それじゃ、本当にこれでお別れです」

女先輩「チャラララララー♪」男「国旗をしまってください」

後輩「わたしは、待ってるんですからね」


次へ 戻る 上へ 掲示板
90ページ目へ  85へ 80へ  75へ 70へ  65へ 60へ  55へ 
50へ  45へ  40へ  35へ  30へ  25へ  20へ  15へ  10へ  5へ 

7xまとめbk(2014/03/01)
SS深夜VIP   ゆるいルールでSS書ける
SS速報VIP   パー速からの定番

 ez-HTML
投稿の多い順にIDで色付け  *灰色は単発IDを適当に色付け
2015/05/19 までの利用料振込み済み
09/05/20  FC2ホームページ有料版に変更
07/11/13  @page消失の為移転
05/10/??  開設
inserted by FC2 system